2013年01月09日

耳鳴りとめまい

耳鳴り(難聴を併発することが多いといわれています)もめまいも、どっちも様々な要因によって引き起こる症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)です。

例えば、耳鳴り(急性感音難聴の症状の一種である場合もあるようです)の場合、健康な人でもプールで深く潜っただけでキーンと言った耳鳴り(難聴を併発することが多いといわれています)が聞こえる事があります。

また、朝食を抜いて運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)したり、立っているのみで目眩を起こすことも珍しくはないですよね。

以上のように、どちらにも様々な要因があるものですが、めまいも耳鳴り(急性感音難聴の症状の一種である場合もあるようです)もどちらもとても近い場所に存在している器官が原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)である事をわすれてはいけません。

つまり、耳鳴り(急性感音難聴の症状の一種である場合もあるようです)とめまいは全く無関係ではないということになります。

耳鳴り(急性感音難聴の症状の一種である場合もあるようです)の中には、頭痛(安易に頭痛薬に頼りすぎるのはよくありません。生活習慣や体の歪みなどを改善することで起こらなくなる場合もあります)やめまい、吐き気などを伴うケースも多く、そういった場合には何らかの病気(先天的なものも少なくないでしょう)が関連するだと言えます。

できるだけ早く、精密検査をうける必要があります。

例としては、脳腫瘍などが原因の場合に、めまいと耳鳴り(実際には聞こえない音が聞こえるような気がすることをいいます)を伴う頭痛(安易に頭痛薬に頼りすぎるのはよくありません。生活習慣や体の歪みなどを改善することで起こらなくなる場合もあります)を引き起こしてしまう事もあるみたいです。

また、めまいの中にも、グルグル天井が回るようなめまいでしたら、三半規管に異常がある場合が多いんです。

具体的に言えね、メニエール病の場合に起こりがちなだといえると思います。

メニエール病もめまいと耳鳴り(実際には聞こえない音が聞こえるような気がすることをいいます)が同時に起こりがちな病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)の一つです。

耳鳴り(急性感音難聴の症状の一種である場合もあるようです)とめまいは両方とも、脳の疾患(後天的な要因が元になる場合もありますが、先天的に持病があったり、遺伝によって発症する可能性が高くなることもあるでしょう)や顎関節の異常、三半規管の異常、ストレス(過?に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)などに因る自律神経失調症(全身に不調が現れることが多く、病院で検査しても原因がわかりません)などにより発症する事があるのです。

原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)がひとつでしたら、その原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)への対処を行うことにより、めまいと耳鳴りの両方が改善することもあるらしいです。

ただ、絶対に、めまいと耳鳴り(急性感音難聴の症状の一種である場合もあるようです)の原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)が同じといったケースばかりではないものです。

やはり、できるだけ早く専門機関で検査を受けた方がいいでしょう・

耳鳴り めまい


ラベル:耳鳴り めまい
【関連する記事】
posted by 結菜 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 耳鳴り | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。