2013年01月09日

耳鳴りのサプリメント

耳鳴り(大きく分けると、自覚的耳鳴と他覚的耳鳴に分類することができるでしょう)はどういった方でも一度は経験されたことはあるでしょうが、ちかごろでは耳鳴りを訴える人が多くなっているになりますよね。

耳鳴り(大きく分けると、自覚的耳鳴と他覚的耳鳴に分類することができるでしょう)には、メニエール病といった疾患として起こる場合と精神的に不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)定だったり、ヘッドホンの使い過ぎなどで症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)が起こる場合がありますね。

耳鳴り(急性感音難聴の症状の一種である場合もあるようです)の治療法としては、薬や漢方薬(主な原料は植物の根や葉、樹皮などです)を服用するなど色々あるものですが、今回は耳鳴り(大きく分けると、自覚的耳鳴と他覚的耳鳴に分類することができるでしょう)に効果があると呼ねれるサプリメント(忙しい現代人の必需品、そんな風にいうこともできるかもしれません。)を紹介したいと思います。

耳鳴り(実際には聞こえない音が聞こえるような気がすることをいいます)に効果アリと呼ねれるサプリメントの中で、最も有名なものが「蜂の子」です。

昔から中華人民共和国や日本の長野県でも、蜂の子をたべる習慣があるのはあなたもご存知かもしれませんね。

中華人民共和国では、漢方の素材として、現在でもかなり重宝がられているかもしれませんね。

実際に、中国の北京にある医大で、耳鳴り(実際には聞こえない音が聞こえるような気がすることをいいます)の症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)がある方に蜂の子を粉末状にした物を一日3回投与したところ、症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)が改善したと言う結果も出ているのです。

蜂の子には、ビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)やミネラル(カルシウムや亜鉛、鉄分などが有名ですね。

不足すると、深刻な不調が現れてしまいます)の他に、天然のアミノ酸(健康な体を維持するのに必要なアミノ酸を必須アミノ酸といいます)がたくさん含まれているのです。

アミノ酸(体に必要なアミノ酸は20種類あり、そのうちで体内での合成が可能なのは10種類だそうです)は爪や筋肉を形成させるための重要な成分でもあり、体をバランスよく保つ為に必要不可欠な成分でもあります。

蜂の子のほかに効果が期待できるサプリメントが、イチョウの葉を乾燥させ、成分を抽出した物です。

既にドイツやフランスでは、医薬品として取り扱われているくらいなのだそうです。

特にめまいに効果的だといわれているものですが、めまいと耳鳴り(難聴を併発することが多いといわれています)は関係性の深いもので、耳鳴り(難聴を併発することが多いといわれています)にも改善がみられたといった結果も報告されているのです。

サプリメント(効果が期待できる反面、副作用が現れることもあるでしょう)だと薬を服用する時に懸念される副作用(全くないというわけにはいかないというのが本当のところでしょう)をそんなに気にせずに、服用出来るところがメリット(昔からある花王のシャンプーの名前でもありますね)そうです・

【関連する記事】
posted by 結菜 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 耳鳴り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/312371598
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。